フェイスラインにできるニキビ跡! 薄くするための有効な方法とは?


大人になるとできやすくなる、フェイスラインのニキビ。

原因は、不規則な生活やストレスによるホルモンバランスの乱れ、そして肌の乾燥です。

しかも、この部分にできるニキビには「一度できると治りにくい」という特徴があるので、適切なケアで軽いうちに治してあげないと、どんどん悪化してニキビ跡ができてしまうのですね。

もし、ニキビ跡ができてしまったらどうすればいいのか? 

有効な方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ターンオーバーを促して肌細胞を生まれ変わらせる

ニキビ跡を薄くするには、ターンオーバーのサイクルを整えることが大切です。

肌細胞は通常だと約28日を目途に生まれ変わりますが、なんらかの原因でこの働きが滞ると、いつまでも古い角質やメラニンが残ってしまいます。

次のポイントをチェックし、ターンオーバーが正常に行われているかどうかを考えてみましょう。

チェック1:質の良い睡眠がとれているか?

よく「夜更かしをすると肌に良くない」と言いますが、これは本当のことです。

なぜなら、ターンオーバーが最も活発になるのは夜10時~夜中2時頃なので、この時間にぐっすり眠っていないと、その恩恵が十分に受けられないからです。

また、「質の良い睡眠」であることも重要。

ベッドには入ったものの、うとうとする程度でなかなか熟睡できない……という状態では、ターンオーバーに必要な成長ホルモンがしっかり出てきてくれません。

寝室や寝間着は、快適な状態に保たれていますか? 

寝苦しいと感じるようであれば、面倒がらずに改善する努力をしましょう。

また、スマホやパソコンからは眠りを妨げる「ブルーライト」が出ているので、遅くとも寝る30分前には電源を切っておくようにしてください。

チェック2:栄養のある食事がとれているか?

食事の内容に気を配ることも、肌の生まれ変わりを助けるためには必要です。

ターンオーバーを促す作用のあるビタミン類を積極的に摂り、正常な働きに役立ててあげてください。

ビタミン類の他には、肌を作る材料となるたんぱく質、細胞の合成を促す亜鉛などもしっかり摂っておきたい栄養素です。

どうしても不足しがちな時は、サプリを利用するのも一つの方法ですよ。

チェック3:運動が足りているか?

1日30分ほどの適度な運動をすると、全身の血行が良くなって隅々まで酸素や栄養が行き渡ります。

ターンオーバーには、これがとても大切! 

無理のない範囲で十分なので、毎日コツコツ続けられそうなものを見つけてみましょう。

仕事で帰りが遅くなるなら、自宅でエアロバイクを漕いだり、ジムで汗を流したりするのもおすすめですよ。

運動をすると成長ホルモンの働きが活発になるので、肌もどんどん丈夫になっていきます。

チェック4:肌の水分量がしっかり保たれているか?

ターンオーバーは「基底層」と呼ばれる肌の奥深くで生まれた細胞が、様々な形に変化しながら皮膚の表面まで上がってくることによって完成します。

しかし、皮膚のすぐ下にある「角質層」に十分な水分が蓄えられていないと、せっかく頑張って上がってきた古い細胞がスムーズに外へ出られないのです。

指でフェイスラインに触れた時、カサつく感触がありませんか? 

また、やたらとベタベタしている時も乾燥によって皮脂が過剰になっている証拠なので、しっかり保湿をするようにしましょう。

洗顔は、刺激の少ない洗顔料を使って優しく丁寧に。

すすぎには十分に時間をかけて、肌に余分なものが残らないようにしましょう。

洗顔後は、水分の蒸発を防ぐため、素早く化粧水をなじませてくださいね。

その後、乳液やクリームなどでバリアを作ってあげれば、肌をしっとりさせるスキンケアは完了です。

肌の乾燥がひどい時に試したいコットンパック

  • 2枚に裂いたコットンにたっぷりの化粧水を染み込ませ、乾燥が気になる部分に置く。
  • そのまま3分おいたらコットンを剥がし、乳液やクリームで仕上げる。

コットンが乾くまで乗せているとかえって水分の蒸発を促してしまうので、コットンがまだ十分に濡れている状態で切り上げるのがコツです。

 

フェイスラインのニキビ跡を消すために

フェイスラインのニキビ跡を消すための方法について、いかがでしたか? 

赤みの残ったものも、茶色く色素沈着してしまったものも、ターンオーバーによって肌が新しく生まれ変わるにつれて、少しずつ薄くなっていきます。

毎日の生活習慣やスキンケアが大切なので、できることからコツコツ頑張っていきましょう。


人気記事TOP3

この記事を読んだあなたにオススメ

タグ: ,