メルライン
メルライン メルライン

フェイスラインニキビと食べ物の関係とは?美肌を保つ上手な食べ方


フェイスラインニキビができた時、頭にぱっと浮かぶ治し方は「化粧品」「薬」「エステ」。

これらも非常に有効な方法ではあるのですが、もっと基本的なことを見直さねば結局またすぐに再発してしまいます。

それは、毎日の食事のとり方。

人間の体は食べ物からできているので、食事内容がいい加減だと肌トラブルも起きやすくなるのです。

フェイスラインニキビの予防・改善に役立つ食べ物や、上手な取り方について説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

 
フェイスラインニキビに一番効く薬用化粧品は?
 

こんな食べ物からフェイスラインニキビは作られる

まず初めに、フェイスラインニキビの原因となりやすい食事から見ていきましょう。

便利だし、おいしいのでつい手が伸びてしまいますが、市販のスナック菓子やインスタント食品、ファーストフード、甘いお菓子はお肌の大敵!

その理由は、次の通りです。

活性酸素を発生させる

保存料や着色料などの添加物を大量に含む食品は、活性酸素を発生させます。

活性酸素には肌細胞にダメージを与えてサビつかせたり、毛穴に詰まった皮脂を酸化させたりする作用があるので、美肌を保ちたいならできるだけ口にしないほうが良いでしょう。

 
フェイスラインニキビで話題の商品とは?
 

皮脂が余分に出るようになる

甘い食べ物は一見ニキビとは関係ないように思えますが、中に含まれる糖分が消化の過程で脂分に変わる性質を持っているので注意が必要です。

また、盲点なのがご飯やパンに含まれる炭水化物。

「甘くないから大丈夫」と調子に乗って食べていると、あっという間に糖質過多の状態になってしまうので気を付けてください。

フェイスラインニキビの予防・改善に役立つ食べ物

では、次にフェイスラインニキビができにくい肌を作ってくれる食べ物を見ていきましょう。

基本的にいろいろな食材をバランス良く取り入れていけば問題ないのですが、その中でも特に意識して摂ってほしいのが「ビタミン類」「ミネラル」「食物繊維」「たんぱく質」。

それぞれの効果と、取りたい食材について説明します。

ビタミン類

ビタミン類には、皮脂の量をコントロールしたり、ターンオーバーを正常化させたりする力があります。

多く含むもの

うなぎ、かつお、まぐろ、鶏ささみ、レバー、乳製品、卵、緑黄色野菜、芋、果物など

ミネラル

ミネラルには、ターンオーバーを促したり、ホルモンバランスを整えたりする力があります。

多く含むもの

乳製品、卵、海藻、魚介類、レバー、大豆、かぼちゃ、カシューナッツなど

食物繊維

食物繊維には、体にとって不要な毒素や老廃物をスムーズに体外へ排出させる働きがあります。

腸内に腐敗物が溜まると毒素が血液に乗って全身を巡り、毛穴の汚れと結びついてニキビができてしまうので、毎日排便して腸内環境を整えることが大切です。

多く含むもの

ごぼう、さつまいも、大根、豆類、きのこ類、こんにゃく、りんご、バナナなど

たんぱく質

たんぱく質は、新しい肌細胞を作る原料となるもの。

また、免疫力をアップさせる力があるので、しっかり摂っておくとアクネ菌に負けにくい肌を作ることができます。

多く含むもの

肉類、魚介類、卵、乳製品、豆腐など

フェイスラインニキビを作らせない食事のとり方

上の項目ではフェイスラインニキビの予防・改善に役立つ栄養素や食材をご紹介しましたが、食べ方に問題があるとせっかくの栄養も生かしきれません。

美肌のためには、調理法にもこだわることが大切!

気を付けたいポイントについて説明します。

生野菜サラダより煮物や汁物でいただく

生野菜サラダは作るのが簡単でおいしいですが、あまり食べ過ぎると体を冷やしてしまいます。

体の冷えは血行不良を招き、肌細胞の生まれ変わりに必要な酸素や栄養素が運ばれにくくなるので、できるだけ温かい料理でいただくようにしましょう。

いろいろな種類の食材をバランスよく使う

どんなに栄養のある食材も、そればかりを食べ続けるのはNG。

ほとんどの栄養素は単体で働くだけでなく、他の栄養素と助け合うことで力を発揮するようにできているので、いろいろな食材をバランスよく食べるようにしましょう。

お肌が喜ぶ健康的な食事でフェイスラインニキビを撃退!

贅沢な成分をたっぷり配合した化粧品も、専門医が処方する治療薬も、毎日の食事から摂る栄養にはかないません。

大切なのは、様々な食材をバランスよく食べること。

お菓子やインスタント食品の好きな人は取りすぎないように注意して、できるだけ素材を調理した食事をいただくようにしましょう。


人気記事TOP3

この記事を読んだあなたにオススメ

タグ:
Copyright © Realnet Co., Ltd. All Rights Reserved.