メルライン
メルライン メルライン

なかなか消えないフェイスラインニキビ!どうすれば早く治せる?


ふと気が付くと、顎や頬の周りにできている「フェイスラインニキビ」。

人から見て目立つし、かゆみや痛みもあって、キレイに治るまで本当に憂鬱ですよね。

しかし、この部分にできるニキビには「できやすく、治りにくい」という嫌な特徴があり、悪化させて跡ができることもしばしば。

キレイに治すためには、くれぐれも放置は禁物!

気付いたら、即お手入れをはじめることが大切です。

フェイスラインニキビを治すためのコツをご紹介するので、さっそく今日からケアを始めてみましょう。

 
フェイスラインニキビに一番効く薬用化粧品は?
 

生活習慣の乱れやストレスが肌トラブルを生む

「顎のニキビがなかなか治らないなぁ」という時は、なんとなく生活態度がだらしなかったり、ストレスがたまっていたりしませんか?

このような生活を続けているとホルモンバランスが乱れるので、皮脂が余分に出たり、角質が厚くなったりして毛穴が詰まりやすくなります。

次のポイントに注意して、規則正しい生活に改めましょう。

質の良い睡眠を1日6~7時間

肌のターンオーバーを促すための成長ホルモンは、夜10時~夜中の2時ぐらいに最も多く分泌されます。

できるだけこの時間帯を挟み、1日6~7時間ぐらい眠るようにしましょう。

夜中に何度も目が覚めるような質の悪い睡眠ではあまり意味がないので、寝室の環境を整えたり、寝る前にストレッチをしたりするなどの工夫をしてみてくださいね。

 
フェイスラインニキビで話題の商品とは?
 

ビタミンやミネラルの豊富な食事をとる

砂糖をたっぷり使った甘いお菓子や、添加物だらけのインスタント食品は、ホルモンバランスを乱す原因となります。

ニキビのできにくい肌を作るには、ビタミン・ミネラル・たんぱく質などの栄養素をバランスよく摂ることが大切。

野菜、肉、魚、果物、豆類、海藻、乳製品などの食品を、まんべんなく食べるようにしましょう。

ストレス発散と血行の促進に役立つ運動

運動不足の状態が続くと、血行が悪くなって肌細胞の生まれ変わりに必要な酸素や栄養素が届きにくくなります。

血行を促し、細胞をイキイキとさせるためには、1日30分程度の有酸素運動が有効!

ついでにストレス発散にもなるので、ジョギングや水泳、エアロバイクなどの運動を毎日続けてみましょう。

職場までの道を一駅分だけ歩いてみる、エスカレーターではなく階段を利用するなどの、ちょっとした工夫でもかなり違ってきますよ。

フェイスラインニキビを1日でも早く治したい時は

生活習慣を見直すことによるニキビケアは、確実に効果が出るものの、時間がかかるのが難点です。

白ニキビの段階なら皮膚科で潰してもらえば治ってしまうことも多いですが、炎症の起きた赤ニキビまで移行すると問題は一気にややこしくなります。

そのまま悪化し、跡が残ると一生後悔するので、即効性のある薬や化粧品の力を借りて早めに症状を抑えましょう。

メルライン

「メルライン」は、あご・フェイスラインのニキビ予防に開発された化粧品。

使いやすいジェル状で肌にしっかりとうるおいを与え、毛穴の詰まりにくいしなやかなフェイスラインへと変えてくれます。

個人差はありますが、使い始めて1ヶ月ほどで効果を実感する方が多いそうですよ。

オールインワンタイプだから、洗顔後の面倒なケアが簡単にできるのも魅力です。

テラコートリル

「テラコートリル」は、ニキビの炎症を抑える働きをする塗り薬。

即効性があるらしく「夜寝る前に塗っておいたら、翌朝には赤ニキビの炎症が治まっていた」という口コミも多いので、かなり期待できそうです。

しかし、テラコートリルはステロイドを含む薬なので、長期間の使用や塗り過ぎは厳禁!

すぐに治らない場合も、2,3日使って様子を見て、またしばらく置いてから使うようにしましょう。

フェイスラインニキビ改善の鍵を握るのはホルモンバランス!

いつも前向きで健康にも気を使う女性は肌がキレイなことが多いですが、これは心身をいたわることでホルモンバランスが安定し、肌の水分量や皮脂量が適正に保たれているからです。

後ろ向きな発想でストレスをため、不規則な生活を送っていると、肌の状態が悪化してフェイスラインニキビもできやすくなります。

毎日の睡眠や食事、運動に気を配り、いい意味で自分を甘やかしてあげたいですね。

できてしまったニキビを素早く治したい時は、保湿力に優れた化粧品や抗炎症作用のある薬を使ってみてください。


人気記事TOP3

この記事を読んだあなたにオススメ

タグ:
Copyright © Realnet Co., Ltd. All Rights Reserved.