メルライン
メルライン メルライン

フェイスラインニキビに効く処方薬や市販薬とは?人気ランキング


フェイスラインニキビは「大人ニキビ」とも呼ばれるもので、肌の乾燥やホルモンバランスの乱れによってできます。

原因が原因だけに、スキンケアを頑張ればどうにかなるというものではなく、放置すると悪化して跡が残ってしまうケースも少なくないので要注意!

1日も早く、適切なケアで治してあげることが大切です。

そのための方法としてよく使われているのが、炎症を抑えたり、ホルモンバランスを整えたりする効果のある薬。

病院で処方されるものの特徴や、売れ筋の市販薬をご紹介します。

 
フェイスラインニキビに一番効く薬用化粧品は?
 

クリニックや婦人科で処方される薬

フェイスラインや顎、背中などにできる大人ニキビは、皮膚科や婦人科で診察してもらえますが、そこでよく処方されるのが「低用量ピル」「漢方」などの飲み薬。

それぞれについて、詳しく説明します。

低用量ピルの特徴

低用量ピルは、エストロゲンとプロゲステロンをバランスよく補給して男性ホルモンの分泌量を抑える薬。

皮脂の量が落ち着き、角質肥厚の状態が改善されるので、フェイスラインニキビが治りやすくなります。

女性ホルモンの量はギリギリまで抑えてあるので副作用も少ないですが、体質に合わない人が使うと血栓などの副作用が出ることがあるので要注意。

自己判断で使用せず、必ず医師の診察を受けて処方してもらうことが大切です。

 
フェイスラインニキビで話題の商品とは?
 

漢方の特徴

漢方は「血」「気」「水」の流れを正常に整え、弱っている部分を少しずつ治していく薬。

西洋医学で使われる薬のような即効性はありませんが、冷え性や頭痛、のぼせなどの症状がだんだん起きにくくなるので、あきらめずに根気よく治療していきましょう。

体内で滞っていたものがスムーズに流れ始めるとホルモンバランスが整い、肌がうるおって、フェイスラインニキビのできにくい体質になりますよ。

フェイスラインニキビに効く市販薬・人気ランキング

「病院に行くほどではない」という場合は、とりあえず市販薬で様子を見るのも一つの方法です。

しかし、お店でも通販サイトでも非常に多くの商品が並んでいるので、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

中には、たいした効果もないのに「ニキビに効く!」と宣伝しているものもあるので、慎重に判断したいところです。

そこで、よく売れている人気商品を「飲み薬」「塗り薬」に分けてリサーチしてみました。

購入の際の参考にしてみてください。

市販の飲み薬人気ランキング

1位:ペアA錠/ライオン

「ペアA錠」は、不規則な生活によって乱れたターンオーバーを正常化し、お肌の生まれ変わりを助けてくれる薬です。

錠剤の他にドリンクタイプもあるので、飲みやすいほうを選びましょう。

2位:命の母ホワイト/小林製薬

「命の母ホワイト」は、乱れたホルモンバランスを整えてフェイスラインニキビを治してくれる薬。

11種類の生薬が血行を促すので、冷え性やPMS対策としても使えます。

3位:ハイチオールBクリア/エスエス製薬

「ハイチオールBクリア」は「アミノ酸“L-システイン”」や各種ビタミン類を補給して、体の中から肌トラブルを改善する薬。

1日1回の服用で良いので、忙しい人でも続けやすいです。

市販の塗り薬・人気ランキング

1位:テラコートリル/ジョンソン・エンド・ジョンソン

「テラコートリル」は、赤ニキビの炎症を素早く鎮めてくれる塗り薬です。

口コミでは「夜塗って寝たら、翌朝にはニキビの赤みが引いていた」という投稿も多いので、悪化しやすいフェイスラインニキビにはもってこいです。

2位:ペアアクネクリームW/ライオン

「ペアアクネクリームW」は、できたばかりの白ニキビにも、炎症の起きた赤ニキビにも、両方使える便利な薬。

白ニキビなら2,3日で治る人も多いので、気付いたらすぐ塗れるよう自宅に常備しておくと、いざという時に安心です。

3位:オロナインH軟膏/大塚製薬

「オロナインH軟膏」は、お肌のうるおいを守りながらアクネ菌を殺菌してくれる薬です。

肌の乾燥は皮脂の過剰分泌や毛穴の詰まりを招くので、こうした効果があるのはうれしいですね。

症状に合わせた薬をうまく使ってフェイスラインニキビを改善!

フェイスラインニキビに効果のある薬について説明しましたが、いかがでしたか? 

ここでは低用量ピルと漢方を取り上げましたが、皮膚科では抗炎症薬や抗生物質も処方してくれるので相談してみてくださいね。

大切なのは、悪化してしまう前にきちんと治すこと!

赤ニキビや黄ニキビまで進行すると治しにくくなるので、白ニキビのうちに薬で退治しておくようにしましょう。


人気記事TOP3

この記事を読んだあなたにオススメ

タグ:
Copyright © Realnet Co., Ltd. All Rights Reserved.