メルライン
メルライン メルライン

フェイスラインニキビをしっかり治したい!有効な治療法とは?


「ループニキビ」という言葉をご存知ですか?

これは、何度も再発するニキビを指す言葉で、顎の周りにできるフェイスラインニキビは、これに当てはまる場合が多いです。

何度も再発を繰り返しているうちに、しこりができてしまうこともあるので厄介ですね。

主な原因は、ホルモンバランスの乱れ。

不規則な生活やストレスによって起きる現象なので改善が難しく、思春期ニキビのようにスキンケアを頑張ってみてもなかなか良くなりません。

フェイスラインニキビは、一体どのように治していけば良いのでしょうか?

 
フェイスラインニキビに一番効く薬用化粧品は?
 

フェイスラインニキビに有効な治療法

ホルモンバランスを整えるには、毎日規則正しい生活を送り、ストレスをためないことが大切です。

しかし、それが簡単にできないからこそ多くの人がニキビループに悩まされているのであり、一朝一夕に解決できる問題ではありません。

そこで心強いサポート役となってくれるのが、皮膚科や婦人科で受けられるホルモン治療。

具体的な内容について、詳しく説明します。

 
フェイスラインニキビで話題の商品とは?
 

低用量ピル

ホルモンバランスが乱れ、ニキビができている時、体の中は女性ホルモンの分泌量が減って男性ホルモン優位の状態になっています。

これを改善し、適切なホルモンバランスに整えてくれるのが低用量ピル。

エストロゲンとプロゲステロンを理想的な状態で補給できるので、次第に肌の状態が整い、皮脂の過剰分泌や毛穴の詰まりが起きにくくなります。

スピロノラクトン

「スピロノラクトン」は、アンドロゲンの結合をブロックして男性ホルモンの分泌を抑える薬。

使い始めて約2週間で皮脂の量が減少し、1ヶ月が経過する頃には新しいニキビができにくい肌へと変化していきます。

もともとは高齢者の高血圧治療に使われていたものなので、成人女性に投与する場合は月経不順や不正出血が起きることも。

こうした副作用を防ぐため、低用量ピルを併用するケースが多いです。

ホルモン治療のメリットとデメリット

ホルモン治療を受けるメリットは、なんといってもフェイスラインニキビを根本的に治すことができるという点です。

体の中の原因を無くさない限り、いつまでたってもニキビループからは抜け出せないので、直接ホルモンに作用するこれらの治療は非常に役立ってくれることでしょう。

しかし、効果の高い治療にはそれなりのデメリットがつきまとうのも事実。

後から後悔することのないよう、ホルモン治療の副作用や注意事項について知っておきましょう。

低用量ピルは誰でも使えるわけじゃない

低用量ピルには、主に次のような禁忌事項が設けられています。

使用を見合わせたほうが良い人

・年齢が35歳以上で、1日15本以上タバコを吸う人

・乳がんや子宮がんの素因がある人

・血栓症や心筋梗塞の心配がある人

・妊婦さんや授乳中の人

・高血圧、腎疾患、心疾患、肝機能障害のある人

また、年齢が40歳以上の人、タバコを吸う人、肥満のある人、軽い高血圧、自分や家族に血栓や腎疾患、心疾患などの疑いがある人は、使用に際して十分な注意が必要となります。

低用量ピルを通信販売で購入してしまう人もいますが、体質に合わないと血栓症や癌などの重い副作用が起きる可能性があるので、必ず医師の診察を受け、許可をいただいてから使用してください!

定期的な検診を受けることも大切です。

検査費用や薬代に保険が使えない

ニキビ治療には保険が使えるものと使えないものがあって、残念ながらホルモン治療は保険の適用外です。

施設によっても違いますが、体内のホルモン分泌量を測る検査が約5,000円~、薬代は低用量ピルが1ヶ月分で3,000円、スピロノラクトンが1,000円ぐらいというのが相場。

ホルモン治療によってフェイスラインニキビが出なくなるまでには数ヶ月かかるのが普通なので、それなりの負担を覚悟しておきましょう。

また、ホルモン治療は医師なら誰でもできるというわけではないので、経験と実績のある、信用できるクリニックを選ぶことも大切です。

ホルモン治療を賢く利用し、フェイスラインニキビを治そう!

ホルモン治療を使ったフェイスラインニキビの治し方について、いかがでしたか?

誰にでも向く方法でないことや、副作用が起きる可能性があること、費用が高額になりがちなところがネックですが、うまく体質に合えばフェイスラインニキビは確実にできにくくなります。

大切なのは、きちんと医師の診察を受けること。

ニキビが治っても他の病気を患ってしまっては意味がないので、賢く利用してしっかり治していきましょう。


人気記事TOP3

この記事を読んだあなたにオススメ

タグ:
Copyright © Realnet Co., Ltd. All Rights Reserved.