フェイスラインニキビは乾燥によってできる?メカニズムと対処法


思春期のTゾーンニキビとちがい、大人になるとフェイスラインにできものが集中するようになります。

主な原因は、肌の乾燥とホルモンバランスの乱れ。

大人は仕事や付き合いで生活が不規則になりやすいし、肌が本来持っているバリア機能もどんどん低下していくので、そうした弊害がニキビとなって現れてくるのですね。

ここでは、特に「肌の乾燥」について詳しく見ていきたいと思います。

 

なぜ、肌が乾燥するとフェイスラインにニキビができる?

ニキビは皮脂が毛穴に詰まってできるものなので、普通は肌が乾燥していたほうがニキビになりにくいと思いますよね。

しかし、実はある2つの理由によって、肌が乾燥すればするほどフェイスラインニキビのリスクは高くなるのです。

どういうことなのか、詳しく説明します。

肌が乾燥するとバリア機能が落ちる

私たちが普段、トラブルのない健康な肌を保つことができているのは、角質層に満たされた水分がバリアの役目を果たしているからです。

乾燥が進んでこのバリア機能が落ちると、肌内部の水分がどんどん蒸発し、外部から侵入してくる雑菌や刺激に抵抗できなくなります。

その結果、毛穴に皮脂や雑菌などが詰まりやすくなり、ニキビができてしまうのです。

肌の乾燥は皮脂の過剰分泌につながる

人間の肌には生まれつき乾燥に対する防御反応が備わっており、どんどん皮脂を出すことでうるおいを維持しようと頑張ります。

そのため、肌が乾燥した状態を放置していると、皮脂の過剰分泌につながって余計に脂っぽくなるのです。

多すぎる皮脂は当然毛穴に詰まるので、これがアクネ菌のエサとなり、ニキビが作られます。

 

肌のうるおいを保つためのお手入れの仕方

肌の乾燥を抑えてフェイスラインニキビを予防するには、日頃のこまめなお手入れが欠かせません。

スキンケアに気を配るのはもちろん、生活習慣の見直しをすることも大切。

自分では意識していない些細なことが乾燥につながっている可能性があるので、この機会に振り返ってみましょう。

スキンケアのチェックポイント

ニキビができると洗顔の回数を増やす方がいますが、あまり洗いすぎると肌に必要な皮脂が奪われてしまうので、朝晩2回にしておくのが無難です。

洗顔後は、肌がうるおいを失わないうちに素早く化粧水をつけ、その上から乳液でふたをして仕上げましょう。

肌に触れる時は、ゴシゴシこすらないよう、優しく丁寧に!

摩擦も乾燥の原因になるので、できるだけ刺激を与えないようにすることが大切です。

生活習慣のチェックポイント

肌の乾燥につながりやすいのは、夜更かし・ビタミン不足の食事・運動不足。

どれも、ついやってしまいがちなことばかりですよね。

とはいえ、あまりきちんとしすぎようとすると、それがストレスになって自律神経が乱れ、結局肌が乾燥してしまいます。

無理のない範囲で良いので、少しでも体が喜ぶ生活を送るよう心がけましょう。

「きのうよりちょっと早くベッドに入れた」「ランチに野菜サラダをプラスできた」といった、些細なことでかまいません。

 

できてしまったフェイスラインニキビに効く薬

フェイスラインにニキビができてしまったら、保湿ケアや生活習慣に気を配るとともに、ホルモンバランスを整える工夫をすることも大切です。

規則正しい生活を送ることが最も良い方法ですが、それが難しい場合は薬の力を借りるのも一つの方法。

大人ニキビの治療によく使われているものをご紹介します。

低用量ピル

低用量ピルは、エストロゲンとプロゲステロンをバランスよく配合した薬。

皮脂の過剰分泌や角質肥厚の原因となる男性ホルモンの働きを抑え、女性ホルモン優位の状態にして、フェイスラインニキビの改善に役立ってくれます。

漢方

漢方は、植物や海藻などから作られた生薬の力で冷え性やのぼせなどの体質を改善していく薬。

体調が整うことで女性ホルモンが分泌されやすくなるので、ニキビができにくく、治りやすい体を作ることができます。

 

肌のうるおいを守り、フェイスラインニキビとさよならしよう!!

フェイスラインニキビを作らせないようにするには、丁寧なスキンケアと規則正しい生活習慣で、肌のうるおいを保つことが大切です。

角質層の水分不足は、全ての肌トラブルの原因といっても過言ではありません!

いつまでも若々しく、スベスベの肌でいられるよう、できることから改善していきましょう。


人気記事TOP3

この記事を読んだあなたにオススメ

タグ: