大人ニキビは顎にできやすい! その原因と治し方は?

10代の若い頃は皮脂の出やすいTゾーンにニキビができやすいものですが、大人になるとなぜかUゾーンにニキビが発生しやすくなります。これは、一体なぜなのでしょうか? しかも、大人になってからのニキビ、大人ニキビは治りにくく、繰り返すことも多いような……。原因をきちんと知り、予防や改善に役立てていきましょう。

大人ニキビが顎にできやすい原因

大人ニキビが顎に集中するのは、口の周りが皮脂や乾燥に弱いからです。おまけに皮膚が薄い部分なので、体の内部で起こっているトラブルが表出しやすいというのも原因の一つ。
とはいえ、心身ともに健康できちんと肌のお手入れをしていれば、大人ニキビに悩まされる機会はそうそう多くありません。問題は、現代人特有の「不規則な生活」にあるのです。

顎の大人ニキビがなかなか治らないという人は、最近生活が乱れていませんか? 睡眠不足、栄養バランスを無視した食事、運動不足などが慢性化するとココロとカラダが悲鳴を上げてしまいます。顎の大人ニキビはそうした体からのSOSであると捉え、毎日の生活習慣を見直してみましょう。

大人はホルモンバランスが乱れやすい

顎にできる大人ニキビの原因の一つに「ホルモンバランスの乱れ」があります。通常は、男性ホルモンや女性ホルモンが適正な量で分泌され、それによって肌の調子も保たれているのですが、強いストレスや睡眠不足、栄養バランスの悪い食事などによってこの均衡が保てなくなると、男性ホルモンや黄体ホルモン(女性ホルモンの一種。プロゲステロンと呼ばれる)が過剰分泌されて皮脂の増加につながるのです。

それでも、肌の水分量が十分に保たれていれば、毛穴がきゅっと閉じているので皮脂や老廃物が詰まることを避けられます。しかし、肌が乾燥している時は毛穴も開いているので、増加した皮脂が詰まってニキビの原因になってしまうのです。

ホルモンバランスを良い状態に保つには、できるだけ規則正しい生活を送り、ストレスをためないことが重要。できることから少しずつで良いので、もっと自分を労わってあげましょう。

顎にできる大人ニキビの悪化を防ぐために

顎に大人ニキビができてしまったら、とにかく手で触らないようにすることが大切。手には思っている以上に雑菌が付着しているので、いじればいじるほど悪化してしまいます。

そして、低刺激の洗顔料で余分な皮脂や汚れをきちんと落とし、洗顔後は保湿効果のある化粧品でお手入れをするようにしましょう。「ベタつくのが嫌だから」とさっぱりタイプの化粧水をつけて終わりにするのではなく、乳液や美容液も使って水分を閉じ込めてあげるのがコツです。

もし、生活習慣やスキンケアに気をつけても顎ニキビが治らない時は、専門家である皮膚科で相談することをおすすめします。レーザー治療やケミカルピーリングなどいろいろな方法があり、お手入れについてのアドバイスも受けられますよ!

おわりに

顎に大人ニキビができやすい原因、お分かりいただけたでしょうか? 若い頃に比べて肌の水分量が減ったり、生活が不規則になりやすかったりするので、どうしても肌トラブルが出やすくなるのですね。
でも、普段の生活やスキンケアの方法に気をつけ、ストレスをためないようにすればだんだんできにくくなります。つるつるの美肌を目指して頑張りましょう!

 

大人ニキビで悩んでいた人が共通して使っている商品とは…

 

この記事を読んだあなたにオススメ

タグ: ,