メルライン
メルライン メルライン

生活の乱れが即反映される! 大人ニキビの原因と治し方、対処法

20歳を過ぎた頃から顎を中心にでき始める「大人ニキビ」。不規則な生活を続けている人ほどできやすく、生活習慣を改めない限り完治することはありません。

また、保湿効果の薄い化粧品を使い続けることによって肌が乾燥し、それがトラブルにつながっていることも。大人ニキビを治すためには、具体的にどのような点に気をつけてケアしていけば良いのでしょうか?

大人ニキビの主な原因

大人ニキビの原因は、大きく分けて「ホルモンバランスの乱れ」「肌の乾燥」「栄養不足」の3つです。ホルモンはストレスや不規則な生活などによってバランスを崩しやすく、正常なターンオーバーのサイクルを妨げてしまいます。

そこへ肌の乾燥や栄養不足などが重なって角質肥大が起こり、毛穴が詰まってニキビになってしまうのですね。

肌への負担も大人ニキビの原因に

また、男性ではひげ剃り、女性ではメイクをきちんと落としていないことが原因となる場合もあります。どちらも思っている以上に肌への負担が大きく、雑菌が繁殖するきっかけとなるので、顔のお手入れには細心の注意を払いましょう。

大人ニキビを作らせないための化粧品選び

大人ニキビの原因の1つである肌の乾燥は、保湿不足によって起こります。化粧品を選ぶ時「ニキビを治すにはできるだけさっぱりしているほうがいいのではないか」と思い込み、保湿力の足りないさっぱりタイプをチョイスしていませんか?

大人ニキビ対策には保湿が必須!

たとえオイリー質の肌であっても、ひげ剃りや洗顔後の保湿を欠かしてはいけません。ちゃんとうるおいを与えてくれる保湿効果のある化粧品を使い、指で触れた時に吸いつくような状態にしてあげましょう。

なぜさっぱりタイプの化粧品がNGか

さっぱりタイプの化粧品で水分が不足すると、皮膚が皮脂を分泌しようと頑張ってしまうので逆効果。ニキビを防ぐには、きちんと肌の水分量が足りていることがとても大切なのです。

どうしても治らない時は皮膚科へ

顎やおでこにできる大人ニキビは、繰り返し再発してなかなか治らないケースも少なくありません。そんな時は、自宅ケアにこだわって悪化させるよりも、皮膚の専門家である皮膚科で相談したほうが早く解決できます。

皮膚科での大人ニキビ治療

皮膚科では、内服薬(漢方を含む)、塗り薬、ケミカルピーリング、レーザー、光フォトなどの方法で大人ニキビに対処。一部、保険のきかない治療もありますが、早くきれいに治したいなら絶対におすすめです。

大人ニキビに効果的な市販薬

また、市販薬にも評判の良いものがあります。ライオンから出ている「PAIR(ペア)」は、液体や錠剤、塗り薬など好みに応じて選べる5種類の治療薬。ドラッグストアで購入できますよ。

おわりに

繰り返す大人ニキビは、原因を明らかにして適切な対処をしていくことが解決への近道。生活の乱れがそのままニキビとして出てきてしまう年齢なので、まず生活習慣の見直しから始めてみましょう。

また、保湿効果のある化粧品を選ぶことも大切です。水分不足はすべての肌トラブルのきっかけとなるので、ひげ剃りや洗顔の後はしっかり保湿ケアをしておきましょう。

大人ニキビで悩んでいた人が共通して使っている商品とは…

 

この記事を読んだあなたにオススメ

タグ:
Copyright © Realnet Co., Ltd. All Rights Reserved.