更年期はニキビができやすい? その理由と有効な対処法

頭痛や不眠、倦怠感やイライラなどに悩まされがちな更年期。女性ホルモンの分泌量に狂いが生じることで、ニキビができやすくなるというのはご存じでしたか? 具体的な仕組みや、有効な対処法などについてリサーチしたので、ぜひ参考にしてみてください。
心も体もきつい更年期ですが、こまめな対策で乗り切りましょう。

更年期にニキビができやすい理由

女性ホルモンは主に「エストロゲン」と呼ばれる卵胞ホルモンと「プロゲステロン」と呼ばれる黄体ホルモンの2種類に分かれますが、更年期にさしかかるとエストロゲンの分泌量が減り、その分プロゲステロンの分泌量が増加する傾向にあります。
プロゲステロンは皮脂の分泌量を増加させる働きがあるため、毛穴が詰まってニキビができやすくなるのです。
特に、生理前はホルモンバランスが崩れてこうした症状も出やすいでしょう。

また、エストロゲンは肌の生まれ変わりを促すターンオーバーとも深い関係にあるので、分泌量が減ると古い角質がたまりやすくなり、角質肥厚を引き起こします。角質が皮脂の出口をふさいでしまうため、やはりニキビができやすくなってしまうのですね。

更年期の上手なニキビ対策

肌は皮膚が乾燥すると危機感を感じ、皮脂を分泌して守ろうとするので、まず保湿をしっかりして肌の乾燥を防ぐことが大切です。洗顔の後はもちろん、日中もスプレー式の化粧水や乳液を持ち歩き、乾燥が気になる部分をケアしましょう。

そして、漢方やサプリの力を借りて、体の中からニキビを予防していくことも大切です。ビタミンを補給したり、血液の流れを良くしたりすることで体の中に余分なものがたまりにくくなるので、肌トラブルには絶大な効果が期待できます。
ニキビケアだけではなく、更年期特有の不快症状に対処できるのもうれしいですね。

更年期のニキビは顎にできやすい

更年期のニキビは、顎にできるケースが多いです。もともと皮脂腺の多い場所だし、ついついお手入れが疎かになりがちな上、乾燥しやすいときているのですから、ここにホルモンバランスの乱れが加わって非常にデリケートな状態になってしまうのですね。
朝・晩の洗顔やメイク落としの際は、顎も忘れずにケアしておきましょう。保湿に手を抜かないことも大切です。

おわりに

更年期のニキビは慢性化しやすく、なかなか完治しないのがつらいところ。普段の食生活や睡眠に気を配ることはもちろん、更年期ならではのホルモンバランスの乱れに対処するための工夫をしましょう。漢方やサプリメントも上手に活用していきましょうね。生理前は特に注意が必要です!

大人ニキビで悩んでいた人が共通して使っている商品とは…

 

この記事を読んだあなたにオススメ

タグ: