メルライン
メルライン メルライン

フェイスラインニキビが痛い!できてしまう原因や対処法とは?


フェイスラインから首にかけて、ポツポツとできる大人ニキビ。

皮脂が原因でできる「思春期ニキビ」とはちがい、ホルモンバランスの乱れが原因でできるものなので、スキンケアだけで治すのが難しく、悪化もしやすいという特徴を持っています。

白ニキビや黒ニキビの段階ならまだしも、赤ニキビにまで進行してしまうと炎症が起きて痛いので、早くなんとかしたいですよね。

フェイスラインニキビができてしまう原因や治し方について説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

フェイスラインに大人ニキビができる理由

フェイスラインに大人ニキビができるのは、社会人がストレスを抱えやすかったり、生活が不規則になったりしがちだからです。

ホルモンバランスはとてもデリケートで、ほんの些細なことがきっかけで簡単に崩れてしまいます。

ですから、普段忙しく仕事をしていたり、対人関係で悩みを抱えていたりする人ほど、大人ニキビもできやすくなるのです。

また、肌が乾燥するとバリア機能が落ちたり、ターンオーバーのサイクルが乱れたりするので、やはりニキビができやすくなります。

この状態をなんとかしない限り、ずっと大人ニキビに悩まされることになるので、適切な対処で肌の環境を整えていきましょう。

フェイスラインニキビをしっかり治す方法

お肌の環境を損なわせている原因が分かれば、後はそれらを1つずつ改善していくだけ。

ポイントは、生活習慣の見直しと肌の保湿なので、具体的にどうすれば良いのかを見ていきましょう。

質の良い睡眠をとる

夜10時~夜中2時頃までを「ゴールデンタイム」と呼んでいますが、この時間を挟んで6時間ほどぐっすり眠ると、成長ホルモンがたっぷり分泌されます。

成長ホルモンは正常なターンオーバーのために欠かせないものなので、毎日しっかり分泌させることが大切。

できるだけ早くベッドに入り、寝室の環境を整えて質の良い睡眠をとるようにしましょう。

栄養バランスを考えた食事をとる

フェイスラインニキビを治すには、食事の内容に気を配ることも大切です。

新しい肌を作る原料となる「たんぱく質」、皮脂量の調整やターンオーバーのサポートに役立つ「ビタミン」と「ミネラル」、そして脂質代謝の調節に役立つ「食物繊維」を含む食材を中心に、栄養バランスに優れた食事をとるようにしましょう。

砂糖をたっぷり使った甘いお菓子や添加物だらけのインスタント食品、辛い刺激物、アルコールなどはニキビの原因になるので、できるだけ避けてください。

体が温まる程度の運動をする

運動をして体を動かすと、体内の血液循環が良くなってぽかぽかと温まり、肌細胞の生まれ変わりに必要な酸素や栄養素がしっかり運ばれるようになります。

ターンオーバーの正常化には、これがとっても大切!

ちょっと汗ばむ程度の軽い運動でかまわないので、毎日続けて体温を保つようにしましょう。

 

効果的な肌の保湿の仕方

肌を保湿するといっても、ただやみくもに化粧水をベタベタつければ良いというわけではありません。

肌内部にしっかり保湿成分を届けるためには、スキンケアの仕方や化粧水の選び方が大切。

次のポイントに気を付けて、毎日のお手入れをしていきましょう。

化粧水は清潔な肌にたっぷりとつける

肌が汚れていたり、余分な脂が浮いていたりすると、せっかく化粧水をつけてもきちんと浸透していきません。

化粧水をつける前には必ず洗顔を行い、肌を清潔にするようにしましょう。

つける量は、ケチらずたっぷりと。

指で肌に触れた時、ぴたっと吸い付くような感じになるまで何度も重ねてください。

水分補給が終わったら、蒸発を防ぐため、上から乳液でふたをして仕上げましょう。

化粧水は低刺激で保水力のあるものを選ぶ

フェイスラインニキビができている時は肌が敏感になっているので、化粧水はできるだけ低刺激なものを選ぶことが大切。

購入する時は、添加物を極力使用せず、肌に優しい処方であることを確認しましょう。

そして、肌内部にしっかりと保湿成分を届けるための工夫がしてあることも重要です。

コラーゲンの生成をサポートする「ビタミンC誘導体」や、肌のバリア機能を高める「セラミド」、水分を抱え込む性質のある「ヒアルロン酸」などが配合してあるものを使うようにしましょう。

 

きめ細やかなお手入れでスベスベのフェイスラインを取り戻す!

フェイスラインニキビの原因や、その解消法についていかがでしたか? 

大人ニキビは生活習慣の乱れやストレス、保湿不足などによってできるものなので、意識してこれらの原因を取り除いてあげることが大切です。

すぐに効果は出なくても、お手入れを続けるうちに肌質は確実に良い方向へ変わっていくので、毎日コツコツと頑張りましょう。


人気記事TOP3

この記事を読んだあなたにオススメ

タグ:
Copyright © Realnet Co., Ltd. All Rights Reserved.