メルライン
メルライン メルライン

なかなか治らない赤ニキビの原因は? 場所別の原因と対策

赤ニキビは痛みを伴う場合が多く、しかも炎症を起こしているのでなかなか治りません。できやすい人はちょっと気を抜くといろいろな場所に出現するので、本当に憂鬱ですよね。

対策を立てるために、まず、どうして赤ニキビができてしまうのかを知っておきましょう。できやすい場所についてそれぞれ原因を調べてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

頬にできる赤ニキビの原因

頬の片側にできる赤ニキビ

頬の赤ニキビがどちらか一方だけにできる場合は、使っている枕が汚れている可能性があります。枕カバーはこまめに洗濯しましょう。それが難しい場合は、枕の上からタオルを巻くと便利です。

両頬に繰り返してできる赤ニキビ

両方の頬に繰り返しできる場合は、ホルモンバランスの乱れが主な原因です。生活が乱れているとターンオーバーのサイクルが狂ったり、肌が乾燥したりするので、できるだけ規則正しい生活を心がけましょう。

おでこにできる赤ニキビの原因

おでこの赤ニキビは思春期によくできますが、これはほとんど皮脂の過剰分泌が原因です。成長ホルモンの分泌が活発な時期なので、どうしても皮脂腺が刺激されやすいのですね。若い人が脂っぽい食事を好むことも関係しています。

おでこにできる赤ニキビの対策

余分な皮脂を取り除くため、朝・晩の2回、必ず洗顔しましょう。この時、スクラブ入りなどの刺激の強い洗顔料を使うと余計に悪化するので、低刺激のものを選ぶことが大切です。

また、肌が乾燥すると皮脂の過剰分泌につながるため、洗顔後はしっかり保湿をしてください。

鼻にできる赤ニキビの原因

鼻は、人間の顔の中で一番皮脂腺が多い場所です。一時期、毛穴の角栓を取るための「毛穴パック」なんていう商品が大ヒットしましたが、それだけ毛穴に皮脂が詰まりやすい人が多いということですね。

また、ただでさえ皮脂が多いところに無意識に手を持っていってしまうことで、手についた雑菌や汚れが付着しやすいという事情もあります。

鼻にできる赤ニキビの対策

赤ニキビを手で触ると余計に悪化するので、スキンケアの時以外はできるだけ触らないようにしましょう。また、朝と夜には1回ずつ洗顔し、保湿ケアで肌の乾燥を防いでくださいね。

背中にできる赤ニキビの原因

自分からは見えにくい背中も、赤ニキビができやすい場所です。なぜなら、とにかく洗いにくいから。

石鹸やシャンプーのすすぎ残しも原因に

きちんとこすったつもりでも汚れが落ちていなかったり、洗い流す時に皮膚に石けんの成分が残ってしまったりして、それが皮脂とともに毛穴に詰まるのですね。シャンプーの成分が残ってしまうケースも多いです。

汗をかきやすいのも原因

また、寝ている間に汗をかきやすいことも原因の一つ。就寝中はコップ1杯分もの汗をかくので、そのままの状態で放置すると毛穴の周りがとんでもないことになってしまいます。

下着を着る、朝起きてからシャワーで洗い流すなどの対策をとり、清潔を保ちましょう。

口周りにできる赤ニキビの原因

口周りの赤ニキビは、ホルモンバランスが乱れることによって発生します。栄養バランスの悪い食事や睡眠不足が習慣になっている人は、できるだけ規則正しい生活を送るようにしましょう。

ストレスも自律神経を乱す原因になるので、こまめに発散することが大切です。

口周りにできる赤ニキビの対策

また、口周りは食べ物で汚れやすいという事情もあります。食事の後は必ずナプキンやハンカチできれいに拭い、清潔を保ちましょう。

肌が乾燥しやすい部分なので、洗顔後の保湿ケアに気を配ることも大切です。

まとめ

赤ニキビの原因は、このようにそれぞれ違っているのですね。しかし、不規則な生活によるホルモンバランスの乱れだけは全てに共通しています。

早寝早起き、栄養バランスのとれた食事、適度な運動を心がけ、あまりストレスをためないようにしましょう。

赤ニキビで悩んでいた人が共通して使っている商品とは…

この記事を読んだあなたにオススメ

タグ:
Copyright © Realnet Co., Ltd. All Rights Reserved.