顎ニキビの赤みが目立つ! 原因は?治す方法は?

いつの間にかぽつんとできてしまう赤みを持ったニキビ。人から見ても目立つので、治るまで憂鬱な気分で過ごさなくてはなりませんよね。でも、なぜこのような赤いニキビができてしまうのでしょうか? 原因を正しく知ることが予防と改善につながるので、ここで一緒に考えてみましょう。癖になっている意外なことが、あなたのニキビの原因かもしれませんよ。

顎に赤みを持ったニキビができる原因

ニキビというのは最初からいきなり赤い状態で出てくるわけではなく、多くの場合、白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビという段階を経て悪化します。つまり、顎のニキビが赤くなっている時は、ただ皮脂が詰まっているだけではなく、炎症を起こしている状態なのです。

この段階まで進むと周辺の皮膚組織がダメージを受けるので、上手に治さなくては跡が残ってしまいます。手で触ったり潰したりせず、早めにケアを始めましょう。

顎にできた赤いニキビを上手に治す方法

まず、赤ニキビは白ニキビほど簡単には治らないと心得てください。焦ってなんとかしようとすると余計に悪化するので、少しずつ、確実に炎症を鎮めていく覚悟が必要です。

基本は朝・晩の洗顔で肌を清潔にすること。洗いすぎは肌を乾燥させ、かえって皮脂の分泌過剰を招くので、1日2回、低刺激の洗顔料で洗うぐらいがちょうど良いです。洗顔後は、保湿効果のある化粧品を使ってたっぷりのうるおいを与えてあげましょう。

そして、夜はなるべく10時までに眠り、ターンオーバーを促す成長ホルモンをたくさん分泌させます。食事は野菜たっぷりの栄養バランスが良いものを1日3回、油ものや甘いものはなるべく避けてください。
血流を良くするため、適度な運動をするのもおすすめです。汗をかいたら、すぐに水で顔を洗ってあげてくださいね。

赤みのある顎ニキビを悪化させるのはこんな行動

・刺激の強いスクラブ入りの洗顔料でごしごしと洗う
・「肌を乾燥させたほうが早く治る」と保湿をしない
・手で触ったり、潰そうとしたりする
・1日に何度も洗顔をする

どれも、ニキビに悩んでいる人がついやってしまうものばかり。しかし、炎症は刺激を与えれば与えるほどひどくなるので、かえって逆効果になってしまいます。
1日も早く治したいのは分かりますが、だからこそ我慢が必要。「昨日よりは確実に良くなっているはず」と前向きに考え、根気よくケアをしていきましょう。

どうしても治らない時は皮膚科へGO!

洗顔や生活習慣の改善を試みてもなかなか治らない時は、それ以上無理せず、専門家である皮膚科の助けを借りましょう。赤ニキビが悪化すると今度は膿を持つ「黄ニキビ」に移行してしまい、ますます跡が残る危険性が高まるので、赤ニキビのうちになんとかしておかなければなりません。

赤ニキビの治療には、主に「ケミカルピーリング」という方法が使われます。これは患部に薬剤を塗って古い角質を剥がし、ターンオーバーを促すというもので、毛穴に溜まった皮脂やアクネ菌が取り除かれて治りが早くなるのです。

他にも、抗生物質を服用したり、塗り薬を塗ったり、ステロイド注射をしたりと、皮膚科ならではの様々な治療法があるので、ドクターとよく相談し、自分に合った治療法を選択してみましょう。

おわりに

顎にできる赤いニキビの原因やその対処法、いかがでしたか? ニキビとしてはかなり進んでしまった段階なので、1日も早く適切な対処を始めることが必要です。自宅ケアでは効果が出ない場合は皮膚科に頼る方法もあるので、あまり気にしすぎず、リラックスした気持ちでお手入れに励みましょう。清潔・睡眠・食事が大切です!

赤ニキビで悩んでいた人が共通して使っている商品とは…

この記事を読んだあなたにオススメ

タグ: ,