メルライン
メルライン メルライン

鼻の下のニキビ跡をキレイに消すための3つの方法を知り、しっかり治そう!


鼻の下は人から見られやすい部分なので、ニキビができるととても気になってしまいます。ましてや、対処法を間違えてうっかり跡が残ってしまったら、泣くに泣けない状態ですよね。

マスクで隠すのにも限界があるし、一体どうすれば良いのでしょうか?鼻の下のニキビ跡を消すための有効な方法を調べてみたので、ぜひ参考にしてみてください。1日も早く、笑顔で笑えますように!

 

こまめな保湿を心がける

ニキビ跡を薄くするには、ターンオーバーが正常に行われていることが大切です。そのために重要なのが保湿。こまめなお手入れでたっぷりのうるおいを与え、肌細胞のスムーズな生まれ変わりを助けてあげましょう。

基本的には保湿効果のある化粧品をつけるだけで良いのですが、時間のある時にはコットンパックがおすすめ。2枚に裂いたコットンにたっぷりの化粧水を染み込ませ、鼻の下に置いて水分を浸透させましょう。

 

ビタミンC誘導体配合の化粧品を使う

「ビタミンC」には、活性酸素やメラニンを抑制したり、コラーゲンの生成を促したりする作用があります。ターンオーバーが促され、コラーゲンによって肌が内側からふっくらするので、ニキビ跡対策にもぴったりです。

しかし、フルーツなどで口から摂ったビタミンCはそのほとんどが体外へ排出されてしまい、ほとんど後には残りません。ビタミンCを配合した化粧品もなかなか浸透しにくく、せっかく使ってもあまり意味がないという結果になってしまうでしょう。

そこでぜひ取り入れてみてほしいのが「ビタミンC誘導体」という成分。そのままでは浸透しにくいビタミンCを吸収されやすいように安定させたものなので、肌の奥深くまでしっかり届いて細胞に働きかけてくれます。

 

ピーリングで古い角質を取り除く

「ピーリング」は、フルーツ酸などを配合した薬剤を肌に塗り、古い角質や毛穴の汚れを取り除いて新陳代謝を促す治療法です。肌が生まれ変わろうとしてもこれらのものが邪魔していては動きが滞ってしまうので、積極的に老廃物を取り除くことでスムーズな循環を助けるのですね。

ピーリングには市販のものを使って自分で行う方法と、エステやクリニックで受ける方法がありますが、自分でピーリングをする場合は、洗い流すタイプの刺激が少ないものを選び、週に1~2度を目安に行いましょう。あまり頻繁にやり過ぎると肌を傷つけてしまうので気を付けてください。
ピーリング後はいつもより肌が敏感になっているので、保湿と紫外線対策に気を配ってくださいね。

 

おわりに

鼻の下のニキビ跡を消すための方法について、いかがでしたか?
どれも決して即効性のある方法ではありませんが、少しずつ肌の調子が良くなってくるので、ニキビ跡はもちろん他のトラブルの予防や改善にも役立ちます。焦らず、気長にケアを続けていきましょう。
肌が汚れているとターンオーバーがしにくいので、洗顔やクレンジングで清潔を保つことも大切ですよ。

口周りニキビで悩んでいた人が共通して使っている商品とは…


人気記事TOP3

この記事を読んだあなたにオススメ

タグ: ,
Copyright © Realnet Co., Ltd. All Rights Reserved.