いちご鼻をきれいに治す方法はある?原因や予防方法について解説


いちご鼻(鼻の黒ずんだ毛穴)が気になる女性

 

とにかく気になって仕方ない、鼻の毛穴や黒ずみ…。

鼻の毛穴の黒ずみは、イチゴの表面にある小さな黒い粒みたいになってしまうことから、別名『いちご鼻』とも呼ばれており、悩んでいる方も多いと思います。

今回は、そんないちご鼻をきれいに治し、毛穴が目立たない毛穴レス肌にする方法について解説していきます!

そもそもいちご鼻になってしまう原因とは?

いちご鼻は何が原因でできてしまうの?

いちご鼻になってしまう原因は主に3つあります。では、一体何が原因なのでしょうか。

いちご鼻をきれいに治すためにも、まずは自分がどのタイプに当てはまっているのかチェックしてみましょう。

【原因1】毛穴の開き

シートタイプの鼻パックや、ゴシゴシ擦るピーリングなどをしすぎると、毛穴が開いてしまっていちご鼻になる

毛穴の汚れがごっそり取れる鼻パックは、鼻の黒ずみケアが手軽に行えるので人気があります。

しかし、鼻の角栓が気になるからといって、鼻パックを過度にしすぎると毛穴がどんどん開いてしまいます。しかも肌への負担もかなり大きく、「気付いたら毛穴が広がってる…」なんてこともあります。

毛穴に詰まった角栓を取れば取るほど、きれいにしているはずなのに、かえっていちご鼻にしてしまうのです。

【原因2】黒ずんだ角栓

古くなった角栓や過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまうといちご鼻になる

古くなった角質、過剰に分泌された皮脂、ホコリなどの汚れが毛穴に詰まって角栓ができます。それが酸化して黒ずんでしまうといちご鼻になります。

鼻を指で触るとザラザラしていたり、ピンセットやコメドプレッシャーでにゅるっと取れる場合は、酸化して黒ずんだ角栓が原因です。無理に押し出すと、毛穴を広げてしまったり、毛穴の周囲が余計に黒ずんでしまいます。

また、角栓が毛穴に詰まっていると非常に目立ってしまうだけでなく、ニキビや吹き出物といった肌トラブルを招く恐れもあります。

【原因3】メラニンの蓄積

メラニンが蓄積されると毛穴が黒ずんでしまい、いちご鼻になる

毛穴に詰まった角栓が酸化してできる「黒ずみ毛穴」と間違われやすいのが、メラニンが蓄積したことによって発症する「メラニン毛穴」タイプのいちご鼻です。

鼻の毛穴が黒ずむことでいちご鼻になってしまうことには変わりありませんが、その原因は大きく異なります。

角栓が毛穴に詰まったり、毛穴が開いてしまっているのではなく、紫外線によってメラニン色素が毛穴に沈着することにより、いちご鼻になってしまうのです。

いちご鼻をきれいに治す方法とは?

いちご鼻はどうやって治せばいいの? きれいな鼻にするための治し方

いちご鼻をきれいに治すために特別なことは必要なく、実は日頃のスキンケアを見直すだけで十分改善できます!

ただ残念ながら、数日間・1~2週間程度では改善できないので、セルフケアだけでいちご鼻を治すのであれば、数ヶ月間はかかることを念頭に置いてケアに挑みましょう!

いちご鼻ケアに必要なことは、洗顔と保湿です。人によってはピーリングが必要になることもありますが、基本的に洗顔と保湿を毎日行うだけで大抵のいちご鼻が改善でき、気になる汚鼻とさよならできます。

スキンケアをする上で重要なポイントや絶対にしてはいけないことなど、以下でケア方法に関する詳細を解説していきます。

洗顔

いちご鼻をきれいに治すには洗顔が大切!

いちご鼻を治すために最も重要なのが「洗顔」です。ただ、適当に洗顔していては効果が期待できず、場合によっては肌にダメージを与えてしまうこともあります。

まず重要なポイントとしては、洗顔の回数です。1日に何回も洗顔したり、反対に1日1回しか洗わないなどの間違った洗顔方法はダメです!洗顔の方法として推奨しているのが、1日2回(朝・晩)に洗顔することです。

また、洗顔フォームを使いすぎるのもNGなので気をつけてください。朝はぬるま湯で軽くすすぐ程度にして、夜は洗顔フォームを使用して鼻に付着した皮脂や汚れをしっかり落としましょう。もちろん、洗顔後の保湿もお忘れなく!汚れを落としたら毛穴を引き締めるとともに、保湿をして蓋をするのが重要です。

とても簡単な方法ですが、間違った洗顔を方法をしている方が非常に多いので、まずは洗顔や保湿などのスキンケアを見直して、きれいな素肌にしていきましょう。日々の地道な努力こそ、汚鼻とさよならするための近道となるのです!

鼻パックのしすぎに≪要注意≫

鼻パックをしすぎると、いちご鼻の原因になる

コンビニやドラッグストアで手軽に購入でき、超簡単に毛穴の黒ずみがきれいにできる「鼻パック」ですが、頻繁にしていると大変なことになるかもしれません…。

シートタイプの鼻パックやゴシゴシ擦るタイプのピーリングは、お肌にかなりダメージを与えてしまっています。多くても2~3週間に1度、月に1回程度が望ましいです。ただ、どうしても気になって仕方がない…という時は、お肌に負担がかかりにくい「クレイタイプ」のものを使用するのがおすすめです。

また、成分や添加物によってはお肌に刺激となるものもあるため、エタノールやパラベンなどお肌にダメージを与えるものを含んでいないものを選ぶようにしましょう。

オロナインやニベアも≪使用厳禁≫

オロナイン軟膏

様々なブログ(コラム)やYoutubeなどで紹介され、話題となっているのが「オロナイン」や「ニベア」を使ったケア方法です。

確かにきれいにできるのですが、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうため、バリア機能が低下してしまうことで乾燥しやすくなります。乾燥もいちご鼻の原因となってしまうので、一時的にきれいになるものの、すぐに新たないちご鼻ができた…ということになりかねません。

また、歯ブラシを使用している方法も見かけることがありますが、これもNGです。ゴシゴシ擦れば擦るほど、お肌にダメージを与えてしまいますし、かえって毛穴を広げる要因となります。

無理やり押し出すのはダメ!絶対!

コメドプレッシャーやピンセットで角栓を取るのはダメ!絶対! 毛穴が余計に広がってしまい、いちご鼻の原因となるので注意

角栓が汚い!気になる!からといって、ピンセットでつまんだり、コメドプレッシャーで押し出したりするのは、絶対にしてはいけません。毛穴を広げてしまうだけでなく、毛穴の周辺まで黒ずんでしまう恐れがあります。

どうしても角栓を抜く必要がある場合は、事前に蒸しタオルで毛穴を広げてあげてから、なるべく肌に負担をかけないように取り除きましょう。角栓を抜いた後は毛穴が開いてしまっている状態なので、一刻も早く毛穴を引き締めることが大切です!

毛穴が開いたままにしてしまうと、汚れが詰まりやすくなるのはもちろん、さらに毛穴が広がってしまいます。一度開いてしまった毛穴を元に戻すのは非常に大変なので、角栓を抜いた後のケアはいつもより入念に行いましょう。

いちご鼻の原因と治し方まとめ

 

いかがでしたか?

いちご鼻をきれいに治すためには、まずは自分がどのタイプに当てはまるのかをしっかり把握して、それに合わせた毛穴ケアを行うことが重要となります。いちご鼻になってしまうと、治すまでに時間がかかってしまいますが、ちゃんとケアすることで改善することができます。

ただし、鼻の角栓が気になるからといって、鼻パックをしすぎたり無理に押し出したりするのは、かえって逆効果になります。間違ったケアをしてしまうと、いちご鼻は余計ひどくなる一方です。どうしても角栓が気になるのであれば、肌に優しいクレイタイプのものを選ぶといいでしょう。

また、セルフケアだけでは対処できなかったり、確実にきれいに治したい場合には、病院やクリニックを受診するのも一つの選択肢です。

毛穴レス肌を目指して、今日からすぐにいちご鼻対策をはじめましょう!


人気記事TOP3

この記事を読んだあなたにオススメ

タグ: , ,